買取総合サイト アイテムマニア

高価買取が狙えるダイヤモンド

ダイヤモンド 宝石の王様と呼ばれているダイヤモンド。そんなダイヤモンドを王様と言わせる理由とは「輝きの美しさ」ではないでしょうか?ダイヤモンドは他の宝石と比べると光の屈折率が高く内部の反射で虹色に見えたり、白く光っているように見えます。また、この光の屈折というのはダイヤモンドを磨く職人の技術で大きく変わり、輝き具合はダイヤモンドの価値を示す「4C」によりグレードを決められます。その中で貴重なダイヤモンドを売る時に高価買取を実現させるために役立つ情報を集めましたのでご紹介します。

高価買取のポイント


【優良買取店の見分け方】

ダイヤモンドを査定に出す時には鑑定士と呼ばれる貴金属などに詳しい方がその価値を判定しくれます。そのため、金やプラチナなど相場と重さだけで金額が決まるのではなく、ダイヤモンドは相場の他に「グレード」と「状態」を判断されますので、ダイヤモンドの査定経験が豊富でないとリスクを恐れて査定額を低く提示する事があります。この事からダイヤモンドの買取査定を行う時には「宝石類の買取経験が豊富なお店」を利用すると良いでしょう。特に宝石類の買取経験が豊富なお店はホームページなどダイヤモンドのグレードごとの買取相場が表示されているお店のあるので、そういったお店で査定を行いましょう。


【鑑定書と鑑別書】

ダイヤモンドを購入した時には必ず「鑑定書」「鑑別書」があります。また、この二つは全く違う物という事をご存知ですか?鑑定書にはダイヤモンドの価値を決定づける4Cのグレードは記されています。一方で鑑別書というのはダイヤモンド以外の宝石に付けられており、宝石ごとにグレードが記されています。ですが買取に出す時には鑑定書・鑑別書どちらがあってもジュエリーの価値が記載されているものですので大切に保管して買取時には一緒に査定に出しましょう。


【最後に】

このようにダイヤモンドは宝石の中でもかなりの人気があります。そんなダイヤモンドを少しでも高く売る為には自分なりに優良店を見分けて自分が納得する金額で買取を行いましょう。